1. ホーム
  2. 5.デフレはそんなに怖くない

買い時の理由

デフレとインフレとは

 物価が継続的に上がり続けることをインフレ、物価が下がり続けることをデフレと呼びます。経済が成長しているときというのは物価も上昇する傾向にあり、今の日本のように経済成長が停滞しているときには物価も上昇しないと考えるのが一般的です。ここではインフレとデフレが住宅購入に与える影響を解説していきます。

現在の日本はデフレ

 まず今の日本の状況を確認しておきましょう。下記のグラフは物価上昇率(前年と比べて物価がどれくらい上がったか)を見たものです。平成になってからは物価上昇率がマイナスの年が多くなっていることがわかります。つまり今、日本はデフレ状態にあると言えるのです。

インフレがありがたい!?

 では、インフレとデフレを住宅購入という視点から考えるとどんなことが言えるでしょうか。このとき考えるべきポイントは、住宅を購入する際ほとんどの人は住宅ローンを組むということです。それを考えるとローンを組んでいる人にとっては実はデフレよりインフレの方がありがたいのです。インフレというのは物価が継続的に上がっているということでした。その場合、経済も成長し、おそらく給料も増えているはずです(かつてのインフレの時代はそうでした)。一方住宅ローンはどうでしょうか。例えばインフレが起こり1本100円のジュースが1本200円まで値上りする状況だとしましょう(ちょっと極端すぎますがわかりやすくするための例なのでご容赦ください)。そのとき1,000万円の住宅ローンは2,000万円まで増えるでしょうか?違いますよね。1,000万円というローンは1,000万円のままのはずです。インフレ時には基本的には給料は増えるはずなのに、それでも住宅ローンの額はそのまま。つまり返済は楽になるということです。住宅ローンの額自体は変わらないが、実質的な負担はインフレによって軽くなるということが言えるのです。一方デフレの場合はその反対のことを考えればいいわけです。物価が下がるということはお給料も減るはずです。一方でローンの額が減ることはないはずですから、基本的には返済が苦しくなる、つまりローンの実質的な負担は大きくなる、ということになります。

デフレ時には賃貸がいいのか?

 ではデフレである今は住宅を購入せず、賃貸住宅に住めばいいのでしょうか。そうとも限りません。賃貸住宅に住んでいる方なら感覚的にご理解いただけると思うのですが、物価が下がっている状況でも家賃は下がりづらいと言えるからです。
つまり、デフレが続くと考えるならば住宅ローンを組むのは不利なのだが、かといって賃貸住宅に住むのも必ずしも有利ではないと言えると思います。

デフレ下での住宅購入

 今後いつまでデフレが続くのかわかりません。デフレの背景には中国をはじめとした新興国の低賃金労働力の影響があると考えられています。今後これら新興国がもっともっと豊かになり、彼らがモノをたくさん購入するようになれば世界的に物価が上昇していくはずです。そうなれば日本でもデフレからインフレになる可能性も考えられるでしょう。もしそろそろデフレが終わりインフレに向かうならば、今のうちに住宅ローンを組んで(固定金利で組んで)、住宅を買っておくというのは有利になるでしょう。一方もし今後もデフレが続くと思っている方は、デフレでお給料が減ったとしても住宅ローンの支払いができるように資金計画を立てるべきです。具体的には今の給料が仮に2割、3割減ったときに今の住宅ローンをきちんと返せるのかどうか、をシミュレーションしてみればいいでしょう。それでも大丈夫であれば仮にデフレが今後続いたとしてもローンの返済に困ることはないでしょうし、逆にデフレにならずインフレになった場合はもっと余裕を持って返済ができるはずです。資金計画さえきちんとしていれば、デフレを過度に怖がる必要はないと言えるでしょう。

>「6.持家のリスクとその対策

前のページ 「買い時の理由:目次」 次のページ

リンク画像:購入シミュレーション頭金、ボーナス払いなしへ